電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

遺産相続を
宮崎の弁護士に相談

遺産分割協議 交渉着手金0円プランについて詳しくはこちら

遺産を受け取る方

遺産を残す方

弁護士・税理士による相続のワンストップサービスをご提供

ベリーベスト法律事務所に依頼すると、1つの窓口で対応!

ベリーベスト法律事務所には弁護士、税理士、司法書士が在籍しており、遺産相続に関する手続き等をスムーズに進めることができる、ワンストップサービスをご提供しております。
遺産相続に係る手続きは非常に複雑です。通常、お客さま自身がお悩みに合わせ、適切な専門家と個別に連絡を取り、お話を進めていただくことになります。しかし、ベリーベスト法律事務所 宮崎オフィスでは、グループ内の各専門家と連携して対応いたしますので、お客さまのお手を煩わせることなく問題解決へと導くことが可能です。

一般的な相続手続きの場合

一般的な相続手続きの場合

ベリーベスト法律事務所の場合

ベリーベスト法律事務所の場合

遺産相続のトラブルでお困りのことはございますか?

  • 遺産分割協議書の作り方が分からない。
  • とにかく仕事が忙しい。面倒な手続きは誰かにしてもらいたい。
  • 親が、離婚再婚を繰り返している。前妻の子に連絡するのが気が進まず、手続きが進められない。
  • 結婚はしているが、子供に恵まれなかった。夫が亡くなって自分一人になった時にどうしていいかわからず不安である。
  • 夫が亡くなり、いろいろとお金が必要になったので、銀行に行ったところ、預金が引き出せず困った。
  • 自分で、手続きを進めてようとしているが、役所の窓口で、足りない書類を指摘されてどうしていいかわからない。
  • 全く面識のない人が、相続人だといって現れて困っている。

このような問題でお困りの方は、ぜひご連絡ください。

相続争いや遺産分割協議のトラブルなら弁護士にご相談ください

相続争いは、他人事ではありません。遺産相続は、まとまった金額を引き継ぐ機会となります。そういったときに相続争いのトラブルに見舞われるのは、実はよくあることなのです。

また、相続の際は、遺産分割協議というものをしなければなりませんが、これもトラブルの元となりえます。同じ親からうまれた兄弟姉妹とはいえ、考えていることがみな同じとは限りません。その場合、当事者だけでは遺産分割協議が進まなくなることが考えられます。

そのようなときは、まず弁護士にご相談ください。

ベリーベストの弁護士にご相談いただければ、法律に照らして客観的な立場から、それぞれのケースに応じた最善の解決方法をご提案させていただきます。

初回相談料無料

初回のご相談は60分まで無料(※)となっておりますので、お気軽にご相談ください。
財産状態と家族の状況がわかれば、簡単な相続税の試算も可能です。特に問題がはっきりしている方は、初回のご相談からスムーズに解決までの方針が決まります。
※各種条件によって金額がかわります。詳細はこちらからご確認ください。

宮崎で相続・遺産問題でお悩みの方へ

宮崎市やその周辺地域で、遺言書や生前贈与について知りたい方、遺産相続でお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 宮崎オフィスでご相談ください。日本は高齢化社会と言われますが、高齢化が進むのに伴い、相続に関するお悩みを抱えていらっしゃる方も少なくないでしょう。

ご家族の誰かが亡くなれば、大切な人を失った傷が癒えないまま、葬儀や雑務などに追われる中で、遺産相続問題にも対処しなければなりません。精神的な負担は非常に大きいでしょう。しかもお金が絡む問題は、それまで仲が良かった家族同士にも、亀裂を生む原因となり得ます。
相続税の申告や納税は被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内と決まっており、問題がなかなか解決しないと、いつの間にか期限が迫ってしまうかもしれません。
ベリーベスト法律事務所には、遺産相続の知見が豊富な弁護士が在籍しており、相続人の方に寄り添いながら、問題解決を目指します。

遺産相続において遺言書がある場合には、その内容に従うことが基本です。しかし遺言書がなければ、必要に応じて、相続人同士で遺産の分配を話し合う「遺産分割協議」が行われます。仮にこの話し合いが決裂すれば、家庭裁判所での調停や審判に発展するかもしれません。
令和元年の相続法改正で加わった遺留分侵害額請求権により、遺言書や生前贈与で自分の取り分が少なくなってしまったとしても、法律上保障される遺留分の請求を検討できます。
相続人同士の意見をまとめ、無事に遺産相続を終えるためにも、ぜひ法律相談をご活用ください。

加えて、もし故人に借金があれば、相続自体を放棄したいという方もいるかもしれません。このような場合、相続を一切しない相続放棄と、負債を弁済した後の残額を相続できる限定承認があります。いずれにしても、相続開始日から3か月以内に財産調査をし、各種書類を作成して、家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。
このような煩雑な手続きも、弁護士に任せることが可能です。また、それぞれの選択肢に注意点や有利な点がありますので、どうすべきか迷っている場合は当事務所にご相談ください。

一方で、財産を残そうとする立場の方も、お悩みが尽きないでしょう。遺言書の書き方から始まり、民法における遺産配分、相続税対策など、考えることがたくさんあるからです。
普通方式の遺言書には、自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。法的効力のある遺言書とするには、それぞれに民法で定められた遺言事項を記載しなければなりません。法的知識を持つ弁護士が、後々に無効とならない遺言書の作成をお手伝いいたします。

そして遺産には、金額に応じた相続税がかかります。節税対策だけでなく、相続人同士のもめごとを防ぐためにも、生前贈与を選択される方は少なくありません。
生前贈与の方法に関しては、相続時精算課税制度や贈与税の非課税枠などがあり、状況に適した選択が必要です。ベリーベスト法律事務所には、弁護士だけでなく、税理士や司法書士も在籍しているため、遺産相続に関するご相談や手続きをワンストップで行うことが可能です。ベリーベスト法律事務所にご依頼いただければ、生前贈与の方法についてのご説明に加え、その過程で起こり得るトラブルや、その回避手段についてのアドバイスが可能です。

数多くの実績から培ったノウハウで、遺産相続にまつわる幅広いご依頼を承っております。相続目録の基となる相続財産調査や、遺産分割時などに行う相続人調査、面倒な手続きの代行、事業承継や生命保険信託のご相談なども、どうぞお任せください。

遺産相続の手続きや税金関係の話は、やはり負担に感じる方が多いようです。そんな中で、「生前贈与の手続きが複雑で、よくわからない」「遺言内容について、相続人たちでもめている」など、さまざまな問題が発生することもあるでしょう。当事務所にご相談くだされば、弁護士もスタッフも丁寧にお話を伺い、誠意を持ってお客さまのお悩みに向き合います。

宮崎県宮崎市は観光業などが盛んで、九州地方においても比較的人口の多い都市です。高齢者の方も多く、高齢化率も年々上がってきています。相続についてお悩みの方も増えてきているのではないでしょうか。宮崎市における遺産相続の法律相談なら、ベリーベスト法律事務所 宮崎オフィスにお任せください。また、周辺市町村にお住まいの方からも、ご利用をお待ちしております。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

宮崎オフィスの主なご相談エリア

宮崎市、都城市、延岡市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市、北諸県郡三股町三股町、西諸県郡高原町、東諸県郡国富町、東諸県郡綾町、児湯郡高鍋町、児湯郡新富町、児湯郡西米良村、児湯郡木城町、児湯郡川南町、児湯郡都農町、東臼杵郡門川町、東臼杵郡諸塚村、東臼杵郡椎葉村、東臼杵郡美郷町、西臼杵郡高千穂町、西臼杵郡日之影町、西臼杵郡五ヶ瀬町、およびその他近隣地域にお住いの方

ページ
トップへ