電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
宮崎の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
日南海岸、青島

イメージ:日南海岸、青島

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国61拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


宮崎で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

「プレジャーボートで走行していたら貨物船にぶつけられた」
「水上バイクで停止していたらプレジャーボートが衝突してきた」
このような海難事故の被害に遭われた方は、ベリーベスト法律事務所 宮崎オフィスの弁護士にご相談ください。弁護士がお話を伺い、お力になれること、ご依頼いただくメリットについて丁寧にお話します。

宮崎県には、日南海岸や青島などマリンレジャーの拠点が多数存在しています。日本代表するマリンリゾート地であり、青島・日南海岸に近い宮崎臨海公園はクルージングの一大拠点です。一方でマリンレジャーに関する事故も多数発生しています。

宮崎海上保安部によると、令和元年1年間の船舶事故の件数は11隻にものぼりました。船舶事故のうち7隻はプレジャーボートや漁船といった小型船舶が占めます。また人身事故の大半はマリンレジャーに伴う事故です。小型船舶といえども海上のルールを順守しなければならない船舶になります。航行時常時適切な見張りをするなど危険を回避することが法律により義務づけられているのです。相手方がこのようなルールを守らずに事故が起きた場合は、相手方の過失によって事故が生じたとして損害について相手方に請求することができます。

損傷した船体の修理費のみならず、運転者や同乗者のケガの治療費、休業損害、そして事故によって生じた精神的苦痛を補償するための慰謝料も請求することができます。さらには海難事故によって生じた後遺障害について慰謝料やの逸失利益(事故による後遺障害がなければ得られたはずの収入)も請求可能です。

事故に関係する損害賠償については、相手方が加入している保険会社が支払うことが多い傾向があります。しかし、保険会社は被害者の立場に寄り添った対応をするとは限りません。ケガが治っていないのに治療費の支払いを打ち切ったり、最低限の賠償金しか支払わなかったりといったケースも多数あります。

ベリーベスト法律事務所 宮崎オフィスでは、海難事故に遭い示談交渉に行き詰まっている方のお役に立てるよう、弁護士とメディカルコーディネーターが連携を取って対応しております。まずはお気軽にご連絡ください。事故状況を詳しく伺ったうえで先方の提示した示談内容の妥当性などについて判断することが可能です。

詳細にご納得いただいたうえでご依頼いただいたあとは、弁護士がご相談者さまの代理人となって、保険会社や相手方との交渉を行います。海難事故についての初回相談は無料です。適切な賠償金を受け取りたい方、保険会社や相手方との交渉が難航している方はぜひお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

宮崎オフィスの主なご相談エリア

宮崎市、都城市、延岡市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市、北諸県郡三股町三股町、西諸県郡高原町、東諸県郡国富町、東諸県郡綾町、児湯郡高鍋町、児湯郡新富町、児湯郡西米良村、児湯郡木城町、児湯郡川南町、児湯郡都農町、東臼杵郡門川町、東臼杵郡諸塚村、東臼杵郡椎葉村、東臼杵郡美郷町、西臼杵郡高千穂町、西臼杵郡日之影町、西臼杵郡五ヶ瀬町、およびその他近隣地域にお住いの方

ページ
トップへ